まんこが黒くなるのはエッチやオナニーのし過ぎが原因とは限らない

股間
デリケートゾーン(性器・まんこ)が黒いと「エッチやオナニーをしまくっている」というような俗説を本当に信じている男性もいます。
でも、実際にはエッチやオナニーの経験数が少なくても黒い人もいます。

生まれた時からデリケートゾーン(性器・まんこ)が黒い赤ちゃんはいないはずなのに、どうして黒くなってきてしまうのでしょうか?

皮膚が黒ずんでしまう原因はメラニン

メラニンという言葉は女性なら誰でも聞いたことはあると思います。
詳しくは「メラニンとは」のページでも解説していますが、簡単に言えば皮膚の中でメラニンが生成され、それが正常に排出されないと肌が黒くなってしまうのです。

日焼けによって肌が黒くなるのは、紫外線を浴びることで肌の中でメラニンが生成されるからなのです。
ですから、デリケートゾーン(性器・まんこ)が黒くなる原因はメラニンなのですね。

エッチやオナニーの経験数だけが黒ずみの原因になっているとは限らない

デリケートゾーンはその名前の通り、皮膚がとてもデリケートです。
性器・マンコ自体の皮膚(ビラビラ・大陰唇)などは、その周辺の皮膚よりももっとデリケートです。

ですから、それらに過剰な刺激を与え続けると、皮膚は自分を守るためにメラニンを生成してしまうのです。
このページの冒頭でお話ししたような「エッチやオナニーの経験数が多いとまんこが黒い」というような俗説は、そのような理由から発生したものだと思われます。

しかし現実にはエッチやオナニーの経験数だけが黒ずみの原因になっているとは限らないのです。
他にはどんな原因があるかを考えてみましょう。

下着の選び方によって黒ずみが起きる?

普段使用している下着(パンツ)の種類によって黒ずみが起きやすいかどうかの違いはあります。

例えば記事が荒い素材のパンツを使用していると動くたびに皮膚が擦れてしまい、それがメラニンの生成に繋がってしまいます。
同様の理由から、締め付けのきついサイズのパンツも避けたほうが良いですね。

記事の素材としては綿(コットン)や麻、絹(シルク)のような自然素材のもののほうが肌に対しての刺激が弱く、また通気性や吸水性の面でも優れているのでおすすめです。
それに対し、ポリエステルやナイロンのような化学繊維のものは皮膚に対する摩擦が強く、肌荒れの原因にもなりえるのであまりおすすめできません。

メラニンを上手に抑制することがからだ全体の美容に繋がる

デリケートゾーン(性器・まんこ)に限らず、乳首や乳輪・ワキなど、女性ならからだのどの部分に関しても、黒ずんでしまうのは嫌なものですよね。

実はからだのどの部分であるかに限らず、皮膚が黒くなる最も大きな原因はメラニンなのです
ですから、メラニンがどのようなものかをよく知り、その対処法を知っておくことは、からだ全体を綺麗に保つことに繋がるのです。

メラニンは体を守るための仕組みなので、無くすことはできません。
しかし、不必要な強い刺激を与えないようにしてメラニンを生成されにくくしたり、もしメラニンが生成された後でも丁寧に保湿するなど上手に対処することで、黒ずみの発生を防ぐことができます。

性器・まんこやワキ、乳首などの黒ずみやすい部位というのは、皮膚がデリケートだからこそメラニンが発生しやすいのです。
特に性器周辺やワキはにおいの発生も気になりやすい部分ですから、女性ならきちんと洗って清潔にしておきたい部分でもありますね。

しかし、そのようなデリケートな部分を洗うのに市販のボディソープでは刺激が強すぎる場合があるので、できればデリケートゾーン専用の洗剤を使うほうが安心です。
日焼けしたときだけでなく生理や出産・加齢によってもメラニンは生成されやすくなりますし、特にもともと敏感肌の方は皮膚に刺激を与え過ぎないよう普段から気を付けるほうが良いですね。