膣・まんこの中は洗っても良いのか?

ボディソープ
毎日お風呂に入って体を洗う時に膣(まんこ)の中は洗ったほうが良いのでしょうか?
これはきっと女性なら誰でも一度は疑問に思ったことがあると思います。(私だけ?)
今日はそんな素朴な疑問について考えてみます。

膣(まんこ)は生理の時の経血やおりものなど、分泌物だけでなく匂いを発生したりするので、日頃から正しいやり方で清潔にしておくことが大事です。

また、カンジダ膣炎やクラミジア・性器ヘルペスなど、女性器特有の病気も意外に多いので、このページを読むことで正しいケア方法を知っておきましょう。

基本的には膣の中は洗う必要はない

いきなり結論から言ってしまうと、基本的には膣の中は洗う必要はありません

膣というのは常に密閉されているので、細菌が少しでも入ったら一気に繁殖してしまうのではないかと不安に思ってしまうかもしれませんね。
しかし膣内に常に存在する菌(常在菌)によって常に弱酸性が保たれており、多少の細菌が侵入したとしても繁殖したり病気になったりしないようにできています。
これを膣の自浄作用といいます。

ですから、お風呂で体を洗う時に膣の中を洗剤で洗ったりはしてはいけません
ボディソープや石鹸で膣内を洗ってしまうと、常在菌も取り除いてしまうことになり、膣の自浄作用が失われてしまいます。

でも、小陰唇(膣の入口外側)やクリトリスの部分は自浄作用はありませんので、ボディソープなどできちんと洗って清潔にしておきましょうね。

ボディソープで膣内を洗ってしまったが、大丈夫?

これまで説明したように膣内は常在菌による自浄作用があるため、ボディソープや石鹸のような洗浄力の強い洗剤で洗ってはいけません。
でもそんなことを知らずにボディソープで洗ってしまった場合は不安になってしまいますね。

でも、大丈夫です。
ボディソープや石鹸などで洗ってしまった直後は膣内の常在菌も洗い流されてしまい自浄作用は弱くなってしまいますが、数日経つうちにまた常在菌が作られて自浄作用も回復します。
人間の体の回復力ですね。今後はボディソープなどで膣内を洗ったりはしないようにしましょう。

膣洗浄をすると匂いを元から消せます

生理の終わりかけや生理後に匂いが気になる時は、匂いの発生を防ぐために膣内を洗ってしまいたくなるかもしれません。

生理中の生臭いニオイの原因は経血のニオイではない」のページで書いたように、生臭い匂いの原因は経血自体ではなく、経血が長時間放置されたことによって細菌が繁殖してしまうのが匂いの原因です。

しかし、膣の外側(女性器・まんこ)をどれだけ綺麗に洗ったとしても、膣内のヒダに経血や汚れが溜まっていてそれがきちんと排出されないこともあり、いつまで経っても匂いがなくならないことがあります。
そのような場合には膣内を洗浄してしまったほうが、匂いの根本から無くすことができるのでとても効果があります。

膣内を洗浄する場合には上で解説したように一般的なボディーソープや石鹸などで洗うのではなく、膣洗浄用のビデ(使い捨てビデ)を使うのが基本です。
使い捨てビデには精製水が入っており、ボディソープや石鹸よりも洗浄力の面では劣りますが、そのぶん膣の自浄作用を失わずに洗浄することができます。

それでもあまり頻繁に洗浄すると膣内の常在菌も洗い流すことになってしまいますので、生理後やおりものが増えた時などに最低限の回数で使用したほうが良いですね。
生理が終わった時に一度膣洗浄をするのが、最も効果的でおすすめです。

おすすめアイテム

ケアジェリー10本入り
膣洗浄器
ケアジェリーは使い捨てタイプ膣専用の洗浄器です。
産婦人科の医師と共同開発されているだけあり、膣内の自浄機能が失われないような成分でできているのが特徴です。
化粧ポーチに入るぐらいの小さいサイズなので生理中はいつでも携帯しておくことができ、ワンプッシュの使い捨てタイプなので外出先のトイレでも気軽に使用することができます。
生理中や生理の終わりかけの時などは、常に持ち歩いていたいものですね。
ケアジェリーについて詳しく見てみる。