生理中の生臭い匂いの原因は経血のニオイではない

匂い
普段はデリケートゾーンのニオイがほとんどしない方でも、生理の時になると強いニオイを発することがあります。
生臭いというか、魚臭いようなあの匂いです。あれを良いニオイだと言う人はほとんどいないでしょう。

誰にとっても不快な匂いですから、それが自分から発生しているかと思うと気になって当然ですよね。
でもそれが「自分だけ?」と不安になる必要はありません。

生理中に生臭い匂いが発生するのは決しておかしいことではなく、自然になってしまうものです。
だからあなただけではなく、女性ならみんな気にしていることなのです。

実は生理の時になると強くなるニオイは、経血の匂いではありません。
では、何の匂いなのでしょう?

原因をきちんと知って対策をすれば、匂いの発生を防ぐことができます。
このページでは生理の時のデリケートゾーンの匂いの原因について見ていきながら、その対処法や解決法について見ていきましょう。

生理の時のデリケートゾーンのニオイの原因

細菌
生理の時の経血はもともとは無臭です。
しかし、その経血内で細菌が繁殖することによってあの強いニオイを発生させるようになります

生理の時のデリケートゾーンはナプキンを付けたり、ストッキングを履いたりなどして漏れや匂いを少しでも防ごうとしがちですから、普段よりも特に密閉された状態になりがちです。
そのために経血が蒸れやすくなり、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

経血が密閉されて体温によって暖められ、その結果蒸れてしまうことで匂いが発生するのですね。

ナプキンとタンポンの匂い予防効果の違い

ナプキンを使用している場合はデリケートゾーンが特に蒸れやすい状態になります。
蒸れた状態というのは雑菌が繁殖するのに絶好の環境なので、ナプキンに経血が溜まったままの状態になるとそのぶん早い時間で匂いを発生するようになってしまうのです。

最近のナプキンは吸収力がとても高いので、経血をすぐに吸収してくれます。
そのおかげで、デリケートゾーンの皮膚とナプキンの間ではあまり蒸れにくくなっています。

しかしナプキンの内部では吸収した経血があるわけですから、そこに体温が伝わって時間が経てばだんだんと蒸れてきます。
蒸れればそこからニオイが発生してしまうのはどうしても避けられません。

また、アンダーヘアに付着した経血も蒸れの原因となりますので、ナプキンを交換する際にはアンダーヘアもなるべく綺麗に拭くようにしたほうが、匂い予防として効果があります。

以上のような理由から、ナプキンよりタンポンのほうがニオイ対策には効果的でしょう。
タンポンなら経血が体外に出る前に吸収してしまいますから、アンダーヘアに経血が付着して蒸れることで匂いが発生するのはナプキンより防げます。

ナプキンは早め早めに交換し、皮膚についた経血を洗い流すと匂い予防になる

ウォシュレットのビデ
タンポンのほうが匂いが発生しにくいとは言っても、タンポンを使うことに抵抗がある場合には今のままナプキンを使うしかありません。
その場合、量の多い日には早め早めの交換をするように心がけましょう。

上で説明しましたように、ナプキンに経血が溜まった状態で時間が経つと匂いが発生し始めてしまいます。

ナプキン交換の際にウォシュレットのビデ機能を使ってデリケートゾーンを洗い流すと匂い予防にとても効果的です。
ウェットティッシュなどで拭き取っても良いのですが、毛の一本一本をすべて拭くのは無理がありますから、洗い流したほうが手早く確実に綺麗にできます。

それに、生理中は普段より皮膚が敏感になりやすい時期ですから、デリケートゾーンをゴシゴシ拭いたりするのは皮膚の黒ずみの原因になってしまいますよ。

ゴシゴシ洗っちゃ絶対にダメ!黒ずんでしまいますよ

ワキやまんこはもともと皮膚がデリケートな箇所なうえ、さらに生理中は女性ホルモンの変化によって肌が荒れやすくなっていますので、通常のボディソープでも刺激が強すぎたりします。

それらの部位は匂いが発生しやすい部位ですから、しっかり洗いたくなる気持ちもわかりますが、皮膚に対する刺激が強いと皮膚の中でメラニンが生成されることになってしまい、その蓄積によって皮膚が黒ずんでくることになります。

メラニンの発生によって皮膚が黒ずむのは日焼けの原理と同じです。

そのため、ワキやまんこのようなデリケートな部位に関しては、一般的なボディソープではなくデリケートゾーン専用の洗剤を使用するほうが黒ずみを予防することができるので安心でしょう。
このページの最後に紹介いたします。

膣の中から発生する匂いの原因を消す方法

膣の中を洗浄するのも匂い予防にはとても効果的です。
しかし、ボディソープや石鹸などで膣の中を洗ってはいけません

なぜなら、膣の中というのは普段から弱酸性になるように保たれており、そのおかげで細菌の繁殖を防ぐ効果があります。
このことを膣の自浄機能といいます。
ボディソープや石鹸などで膣内を洗ってしまうと、この自浄機能も失ってしまうからです。

そのため、基本的には膣の中は洗う必要はありませんが、生理中や生理後の生臭い匂いの原因が膣の中にある場合は、膣内を洗浄することによって匂いを根本から無くすことができます。

その場合は必要最低限の回数だけ、膣専用の洗浄剤を使うと良いでしょう
おすすめの商品をこのページの最後に紹介しておきます。

生理中や生理後の匂い予防のまとめ

生理中の生臭いニオイの発生を予防するためには、経血を長い時間放置しないことが最も重要です。

量の多い日だけでもタンポンとナプキンを併用するようにすると、空気に触れる経血の量を抑えることができるので、匂いの発生をかなり抑えることができます。

月経カップ(スクーンカップ)を使用するのも、タンポンと同様の理由から匂い予防にはとても効果的です。
使い方の難易度はタンポン以上になりますけど、タンポンと同じように慣れてしまえばとても便利なものだと思います。

おすすめアイテム

このページの内容に関連するおすすめアイテムをまとめて紹介します。

アンボーテ
【アンボーテ フェミニーナウォッシュ】
アンボーテは成分の95%以上が肌に優しい天然由来の成分でできているデリケートゾーン専用ソープです。
オーガニックと自然化粧品の世界統一基準である「コスモス」の基準を満たしています。

実際に私がアンボーテを使用してみたところ、薔薇やアロエ、ローズヒップなどのエキスが成分として使用されていることが実感できるような柑橘系の爽やかな香りが印象的でした。
泡のキメは驚くほどに細かくて、肌に優しそうなのが見ただけでわかります。
デリケートゾーンの黒ずみを気にする方にはおすすめです。
【アンボーテ フェミニーナウォッシュ】について詳しく見てみる
アンボーテ フェミニーナウォッシュを実際に使用したレビュー

膣洗浄器
ケアジェリー10本入り
ケアジェリーは使い捨てタイプ膣専用の洗浄器です。
産婦人科の医師と共同開発されているだけあり、膣内の自浄機能が失われないような成分でできているのが特徴です。

化粧ポーチに入るぐらいの小さいサイズなので生理中はいつでも携帯しておくことができ、ワンプッシュの使い捨てタイプなので外出先のトイレでも気軽に使用することができます。
生理中や生理の終わりかけの時などのお出かけの際に、いつでも匂い予防ができるのでおすすめです。
ケアジェリーについて詳しく見てみる。