まんこのビラビラ・ひだが大きいとか左右非対称なのは気にする必要ないかも!?

drink
女性器(まんこ)のビラビラ(ひだ)の部分のことは正式には小陰唇と呼びます。
このビラビラ(ひだ)の部分の大きさや形は人によってさまざまです。

人それぞれ顔が違うのと同じように「個性」と言っていいものだと思いますが、ひだが大きすぎて気になったり、左右の形が非対称であることを気にしている方もいると思います。

女性同士でも見比べる機会もないので、自分の小陰唇の形が変なんじゃないかと思うのはおかしいことではありません。
実を言うと、私もそんなにきれいな形はしていません。(笑)
今ではもう気にしなくなりましたけど。

付き合った相手に言われたことがある

小陰唇の形を女性同士で比べる機会というのは普通はありませんね。
それなのに自分のそれの形を気にするようになったりする理由の一つとして「彼氏に言われたことがある」というのが考えられるのではないでしょうか?

男性はエッチの際に女性の性器を見たりするので、経験が豊富な男性ほど多くの女性器を見ていることになります。
そして、デリカシーのない男性は「ビラビラの形が大きい」とか「左右の大きさが違う」というような発言を彼女に対してすることがあります。

女性はそのような発言がトラウマのように残ってしまい、その後ずっと気にし続けたりするものです。

そのような発言をする男性は器が狭いのでは?

最初に述べたように、小陰唇の形は人それぞれです。
どのような形が良くて、どのような形が良くないとかはありません。
ただ、人によって好みがあるだけです。

ですから、上で述べたようなデリカシーのない発言を自分の彼女に対してするような男性は、デリカシーがなく、配慮に欠けると私は思います。
それによって彼女が傷つくかもしれない。というように気を遣えていないのです。
デリカシーがない!」と怒ってしまっても良いのではないでしょうか?(笑)
少なくとも私は、そのような男性は最低だなと思ってしまいます。

実は男性は女性の小陰唇の形にそれほどこだわっていない?

女性にとっては意外なことだと思うのですが、私が多くの男性に聞いてみてわかったのは、男性は女性の小陰唇の形にそこまでこだわりがないらしいのです。

人によって「ひだが大きい・小さい」などの違いがありますから、男性によって好みぐらいはあると思います。
でも現実には、ビラビラ・ひだが大きくても小さくても、男性は生で女性器を見られればそれだけで興奮するらしいです。(笑)
ヌード写真やアダルトビデオのようなものになると自分の好みを言ったりもするそうですが、実際に生で見るとなると結構何でもいいらしいのです。

それが原因で悩み続けることもある女性の感覚とはずいぶんズレがあるんだなぁと私は思いました。

普段気を付けたほうがいい点

小陰唇の肌はとてもデリケートなので、お風呂でからだを洗う時やトイレで拭く時などにゴシゴシこするような洗い方をしてはいけません。
あまり刺激が強すぎると皮膚の中でメラニンが生成されてしまい、それが黒ずみの原因になってしまいます。

同じ理由から、普段履いているパンツの素材にも気を付けるといいですね。
まんこが黒くなるのはエッチやオナニーのし過ぎが原因とは限らない」のページでも解説していますが、綿(コットン)や麻、絹(シルク)のような天然素材のもののほうが肌への刺激が弱いのでおすすめです。

下着は常に小陰唇に触れているものですから、粗い素材のものを履いていると動くたびに刺激を与え続けることになってしまいます。
エッチの時の多少の刺激なら問題ないですが、長時間にわたってずっと肌に刺激を与え続けると、肌は防御作用としてメラニンを生成することになってしまうのです。
気を付けましょうね。

美容外科や婦人科で見てもらうと客観的な診断をしてもらえる

美容外科や婦人科のような女性専門の医師なら、多くの女性器を見た経験が当然あります。
そこで自分の形が普通じゃないのかなどを聞いてみると、中立的・客観的に教えてもらえるでしょう。

自分の陰部を見せるのは恥ずかしいし、ましてや形が良くないとなると余計に人に見せたくないと思いますが、美容クリニックの医師は何百人以上の女性器を見ているので、今更どんな形の小陰唇を見たとしても何とも思わないのが普通でしょう。
もしどうしても恥ずかしい場合は、女性の先生を指名して予約すると良いかもしれませんね。

世の中にはそのような理由で美容外科に行く女性もたくさんいて当然だと思います。
しかし、そのような理由で実際に美容外科に行った人が、そのことを人に言うことはあまりないでしょうから、だからこそ「小陰唇の形がおかしいのは自分だけ?」って悩んでしまうのでしょうね。

小陰唇を縮小させる美容手術メニューもあります

知っている方も多いと思いますが、美容整形手術の中には「小陰唇縮小手術」というものがあります。
「縮小」とは言っても、実際には切除する手術になります。

専門の医師による美容整形手術ですから、費用も決して安いものではありませんが、一度切除して綺麗な形にしてもらえば、その後はずっときれいな形でいられます。
小陰唇の形は後から勝手に大きくなったりするものではありませんしね。

おすすめの美容クリニック

ガーデンクリニックの婦人科
topimage

ガーデンクリニックは東京から福岡までの主要都市に展開されているので、どの地方の人でも病院選びの選択肢に入れることができます。
また、専門医による診察に関しては以下のように書かれていますから、遠慮なく「女性の先生が希望です」と言って良いでしょう。

婦人科専門医が現在の状態を診察させて頂きます。
※男性医師にはなかなか相談しづらい…
ガーデンクリニックでは、小陰唇縮小やクリトリス包茎など、婦人科を担当する女性医師がおりますので、ご希望の方はカウンセリングご予約時に「女性医師を希望する旨」をお伝えください。

カウンセリングを受け、その担当医の印象や「信用できるかどうか」を判断した上で、手術までを申し込むかを決めると良いですね。
自分の小陰唇の形がどうしても気になる方は、一度カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか?
ガーデンクリニック公式サイトを詳しく見てみる